管理業務主任者の教材(参考書や問題集)

必要なテキストの種類について

管理業務主任者に必要なのはテキストだけではありません。その他に参考書や問題集も必要になります。
ここでは、それらの教材を購入する際のポイントや使い方を説明していきます。

参考書

まず、参考書ですが、これは法律用語集のようなものです。
目的としてはテキスト、つまり基本書にのっていない法律やその他の専門用語を補完するために使います。

多分、マンション管理士と共通のものがほとんどだと思いますので、それらを購入すると良いでしょう!
次に問題集ですが、基本的に過去問を購入して下さい。

理由は後ほど説明しますが、間違っても予想問題集で勉強を進めないで下さい。
予想問題集は、基本的に勉強の仕上げの段階で使うものなので、普段の勉強では過去問を使います。

問題集

一般的な問題集を紹介すると、

  • 管理業務主任者分野別過去問題集
  • 管理業務主任者過去問題集
  • マンション管理士・管理業務主任者Wマスター過去問集

などです。そして、これらの問題集を購入する際に注意してほしいのが、解説をみてわかりやすそうな物です。

皆さんもご存知だと思いますが、 問題集の勉強は、どうしてその答えになったのか解法を理解する事です。
万が一問題集の勉強をして、どうしてその答えになったのか理解できなければ、まったく勉強した意味がありません。

それに、問題によってはテキストに載っていない知識が含まれている事もあるので、解法をみてわかなければ永久にその問題が理解できない可能性もあります。

ですので、評判が良いテキストとかインターネットで調べた情報だけではなく、自分の目で見て、わかりやすいと思った物を購入すると良いでしょう!

中には、どの問題集が良いのか教えてほしいと思う方もいるかもしれませんが、人によって感じ方が違うので、私が良いと思ってもあなたにとって良いとは限りません。
そこは理解して下さい。