管理業務主任者の求人はこれからどうなるのか

管理業務主任者は、マンションがある限り需要が消えない資格だといわれています。
マンション管理適正化法が施行されたことで、マンション管理の管理業者の事務所には管理業務主任者を配置しないといけなくなりました(30組合につき1名)。
マンションにはマンション管理組合がありますが、この管理組合から委託をされてそのマンションの管理にあたる管理業者の事務所がある限り、管理業務主任者の求人もなくなることはないということになりますね。

管理業者の中では、まだ管理業務主任者の資格を保有している人材は足りていないと思われますし、試験の難易度が一定の高さに維持されている以上、今後も管理業務主任者の数がそう簡単に増やされていくとは考えにくくなってきます。
管理業務主任者の求人は、売り手市場になる可能性もけっこう高いでしょう。

そして管理業者の組織としてのスケールによっては、管理業務主任者の数もひとりでは足りなくなってくるでしょう。
いずれにしても、管理業務主任者の数は今後も不足気味になる可能性があるわけです。
特に地域によっては、管理業務主任者の不足は深刻になるかもしれませんし、管理業務主任者の求人も増えて行く見込みが感じられます。
今は募集が少ない地域でも、突如として管理業務主任者の求人が目立つようになる可能性もあるわけです。

※管理業務主任者は、マンションの居住者全員に対して重要事項をはじめとした正しい知識を説明しないといけません。そして、日々の管理をつかさどる立場から、管理の状況を絶えずチェックし、それを報告する任務も負っています。
マンション管理のマネージメントを全面的に請け負っているわけですね。

管理業務主任者は、求人がなくなることは想像しがたい職業でもあります。
管理人のいないマンションはまだ全国に多く残されていますし、現在も、新しく建てられるマンションは全国におびただしく存在します。

管理業務主任者の求人は景気が回復しなくても常に存在するのです。
これから管理業務主任者の資格を目指す人にとっては、求人の口がまったくなくて困るということはなく、それをいかにしてうまく見つけ出していくかがカギとなりそうですね。