管理業務主任者になるには、合格プラス登録が必要です

管理業務主任者の資格は、国家試験に合格することで手に入る……と、思い込んでいる人も多いかもしれませんが、試験合格イコールで資格が手に入る、というわけではありません。管理業務主任者が働くには登録が必要です。

試験に合格したら、次にどうすれば管理業務主任者の資格を手に入れられるでしょうか。
マンション管理の実務経験が2年以上ある場合は、国土交通省に登録をそのまますることができますが、これから管理業務主任者になろうとしている、多くの人たちの場合は実務経験がまったくないでしょう。
その場合は、「実務講習」を受けて、最後に講習修了試験を受けて合格しないと国土交通省に管理業務主任者として登録をすることが認められません。

国土交通省に管理業務主任者として登録をすると、「管理業務主任者証」が交付されます。

管理業務主任者の登録には、「試験合格と講習修了のふたつの山がある」と思っておくとよいでしょう。
そして、管理業務主任者の業務を実際に行うときに、マンションの区分所有者等から希望があったときは管理業務主任者賞を見せないといけません(つまり勤務中は携帯していないといけませんね)。

管理業務主任者証は、いったん登録を済ませたら永久に有効となるわけではありません。
たったの5年しか効力がありません。そこで、期限が終わる前に更新の申請をすることになります。
ただし、更新もただ申請すれば認められるわけではありません。実は更新するときもまた講習を受けないといけませんし、この講習は更新したい日の6ヶ月以内に受けないといけません。
管理業務主任者の資格では、試験合格のほかに登録や更新の手続きも重要であると覚えるべきです。

管理業務主任者の資格はこれ以外にもいろいろな理由で危うくなることがあります。
たとえば、ふたつ以上の管理業者の事務所で、自分が専任の管理業務主任者だという表示をした場合です(実は専任になることは、ひとつの事務所でしか認められていないのです)。
このほか、不正な行為を働いた場合や、他人に自分の(管理業務主任者としての)名義を貸与した場合も、1年以内の資格停止処分を受けることになっていますから注意が必要です。

管理業務主任者の資格の登録や維持については、このように決まりが細かく設けられているわけですが、通信教育や通学を使って、現職者に教わるようにすると、その周辺の事情もしっかりと答えてもらえますからそれらをうまく利用するのもいい方法です。