管理業務主任者の問題の中でも特に難関なのは?

管理業務主任者の試験では、とにかく難しい問題が毎年のように出されています。
管理業務主任者の勉強をはじめても、試験問題が最初のうちはなかなか解けないはずです。

管理業務主任者の試験問題は、(当然のことですが)実際の管理業務主任者の仕事と深い結びつきがあります。
実際の管理業務主任者たちが、毎日の仕事でどんなことをやっているのかを把握しない限りは問題をうまく解いて行けなくて当たり前です。
つまり、管理業務主任者の試験問題は実務を意識して勉強していくほうがよいのですが、法令関係の問題ともなると、そうもいっていられなくなるでしょう
(法令関係の問題は、書いてあることを読み解くだけでも非常に苦労するものですから)。

各法令については、どんな相関関係にあるのかを以下の図で理解すると比較的はかどるのではないでしょうか。

民法

この図で分かってくるのは、管理業務主任者の問題における民法の比重の大きさではないでしょうか? 

マンション管理適正化法も建物区分所有法も、そして管理規約も民法の影響を大きく受けていることになります。
この図に書かれていない項目はもちろんたくさんありますが、いずれも民法に端を発していることは違いないですし、どの法令を勉強するときも、民法にその都度舞い戻って勉強するようにしていけばだんだんと上手にカバーしていけるようになり、管理業務主任者の試験問題も解けるようになるでしょう。

建物区分所有法については、特に管理業務主任者の試験問題の中でも大きな位置を占めています。
建物区分所有法を攻略できるかどうかで、合格が決まってしまうことまであるくらいですから、この部分の勉強には注意を払っていきたいものですね。
この部分は当然、実際に管理業務主任者の資格を取得して、仕事をするときになってからも重要ですが、マンション管理適正化法等も実務をするときには重要です。
マンション管理適正化法については、マンションを管理するルールの原本が書き込まれているといってもいいですから、管理業務主任者の試験問題を解くことを意識せずに、軽い気持ちで読み返すようにして頭に叩き込んだほうがよいでしょう。