管理業務主任者の試験のための勉強の原則

最適な勉強方法とは

管理業務主任者の試験に受かるには、どうやって勉強に取りかかったらよいでしょうか。
管理業務主任者も国家資格ですが、国家資格の勉強方法には(たいていの資格で)一貫して共通項目があるといわれています。

国家資格の勉強方法に共通するポイント

  • 基礎のテキストを用意することは必要ですが、それにこだわりすぎてはいけないこと
  • そして、問題集を用意すること。特に過去の問題集は必須であること
  • 過去の問題集を徹底して研究し、過去の問題を徹底的に解いてその出題傾向に慣れて行くこと

管理業務主任者の試験に限っても、その傾向は実はあてはまってしまいます。
管理業務主任者の試験勉強では、特別なことをどうしてもしないといけないわけではありません。

最後には問題をひたすら解いていくこと、そして問題を確実に解けるようにするためにむしろテキストや参考書類を利用することが、管理業務主任者の試験勉強でも大切になってくるのです。

管理業務主任者の試験の勉強では、暗記が多いことも無視できない性質でしょうか。

不動産やマンション管理について、仕事等で携わってきた経験があるような人だったらまだ楽なのですが、ずぶの素人がいきなりこの世界の専門用語、特に法令用語に親しもうとしても一筋縄ではいきません。

ここで泥沼にはまってしまうと、管理業務主任者試験本番までに間に合わなくなる恐れも強くなります。

※暗記しなければならない用語については、手でひたすら書いて覚えることも悪くありませんが部屋の中で声に出して読むなどして、耳や口を使って頭に覚え込ませるようなことも、(特に、さっぱりはかどらなくなってきたときには)必要でしょう。

通学や通信講座がおすすめです

さて、管理業務主任者の試験の勉強方法ですが、独学で間に合わせようとするのは、特に最初のうちは無謀かもしれません。

まったく何も知らない段階から受かろうとするなら、数年越しの勉強になるかもしれないことは覚悟しておくほうがよいでしょう。低い合格率を見てもそれは明らかです。

確実に受かる道を歩きたいなら、独学するのではなくて学校や通信講座に申し込んで、一流の指導者の教えを受けたほうが安全でしょうね。