管理業務主任者の通信を、受講生の合格率で比べて選ぶとき

管理業務主任者試験の通信教育。試験が創設された当初はそうでもなかったようですが、気が付いたらあっという間に講座が世の中全体でいくつあるのか、まったくわからないほど増えてしまったようです。

しかし、出てきたと思ったらいつの間にか消えてしまった管理業務主任者通信講座だって、なぜかうようよとあるようにも思えます(通学講座だって、その点はたいして変わらないのですが)。こうなると講座を選ぶときに、一種の「審査眼」を養うことが必要でしょう。

管理業務主任者の受験志望者が初めて通信講座を選びましょうとなったとき、講座の情報をひとつずつ書き出して(並べ出して)比較する、ということだってできます。丁寧な比較作業をすることをいとわないタイプだったら、それくらい苦も無くやろうとするでしょう。

費用・指導方針・教材……と、比べるポイントは探そうと思えばいくらでも見つかるでしょう。ところで、簡単に思いつきそうなのに実際にはなかなか比較できないポイントがあります。それは「受講者の、合格率」です。

これはどういうことでしょうか? その答えは、どこの講座も受講者の合格率を発表していない可能性が高いのです。

ひとつには、なかなか受講生の実態をつかめないというケースがありえます。受講者に、毎年の合格発表の直後に「合格したのか、不合格に終わったのか?」というアンケート調査を実施することは簡単そうに、素人には思えます。しかし、素人が予想するほど正確な調査はできないということも考えられます。

しかしもっとネガティブな理由だってあるかもしれません。受講者の合格率があまりよくないために、発表を避けている講座だって、あっても不思議ではないからです。

がっかりしたくなるような理由を取り上げてしまいましたが、合格率を発表している通信講座はゼロなのではありません。そのような通信講座は、それだけでも管理業務主任者を教えるカリキュラムが優れている証を持っているという評価はできそうです。