管理業務主任者の勉強法は、この種類が無難

管理業務主任者の勉強法はどんなふうに組み立てるのか、好例!

管理業務主任者の試験を受けるとしたら、どんな勉強法をとらなければならないでしょうか?
端的に表現しますと、

「数ヶ月間、試験勉強に打ち込むこと」
「効果が出やすい勉強方法を選んで、必要な知識を吸収してしまうこと」

となるでしょう。
ところで資格の試験では、勉強方法はだいたいの場合3パターンに分かれます。

  • 独学
  • 通信
  • 通学

ですね。これらの方法を、管理業務主任者受験の際にあてはめると、どうなるでしょうか?

つまり、3つの中でどれが合格に近そうでしょうか? 

独学

教材や資料などを集めて、自主学習で合格を目指す勉強法です。
メリットは何と言っても、コストが高くつかないことと、時間を自由に使えること。

しかしデメリットはもっと大きいですね。難易度がやさしい試験だったら独学のほうがよさそうですが、管理業務主任者はそんな簡単に受かる試験ではありません。

つまり、結果として失敗率が高く、時間も無駄になりやすいでしょう。

通信

通信教育を受講して、自宅などで管理業務主任者の受験対策をするという勉強法です。

教材や受かるための必須知識などを送ってもらいます。最近は、DVDやCD、ストリーミング動画のような映像型教材が主流で、家にいても映像を通して授業を受けられるようになりました。
時間が自由という意味では独学と変わらないメリットがあります。コストは多少かかりますが。

通学

資格の学校などに定期的に通って、教室で講師から授業を受けます。目の前で管理業務主任者の受験に必要なことを教えてもらえるのはもちろん絶大なメリットになります。

デメリットは、辛抱強く通学を続けることが、ほとんどの受験者が予想しているよりハードなこと。体力や集中力が非常に必要です。コストがかなりかかることもまた事実。

どの勉強法が安全なのか?

これら3つの勉強法の違いを同じ視点から見つめると、どうでしょうか?

バランスが悪くない勉強法は、だいたいの場合、真ん中の「通信」になりそうです。

受験者全員にとってぴったりと適合する勉強法はありませんが、通信がいちばん、普通の管理業務主任者試験の受験者に適合する要素を備えているでしょう。

通信教育のメリット

  • コストは高くつかないようにすることも可能
  • 家や好きな場所で勉強できて、教室に通わなくてよい
  • ちゃんと勉強は映像等を通して教えてもらえる

勉強法が定まらないなら、一度通信で手を出すのがいいでしょう。
どの通信講座でもいいのではありませんから、そこの決定には用心が必要ですが、そこをミスしなければ、独学や通学よりもきっと楽に、勉強に乗り出せることでしょう。